ビットコインの取引所には利用資格があるのか?

ビットコインは仮想通貨で実際に通貨として使用できるショップもあるのですが、日本円などの通貨と同様に使えるほどではありません。
その為、現在では通貨として使用する目的よりも資産運用を目的に始める方が多くて、その取引が実施されているのが取引所になります。
今後ビットコインを活用する上で利用する機会の多いサービスを提供する場所になるので、その仕組みなどを知っておくと購入や運用がスムーズになります。

ビットコインの取引所とは、その名が示す通り取引をする場所で、簡単に言うとビットコインを売ったり買ったりすることができる場所です。
また、すでに所有しているビットコインを日本円などに換金できる場所でもあって、ビットコインがほしい人、換金したい人が出会える場所が取引所になるのです。

このようにビットコインを始める人にとって必要不可欠な存在となる取引所ですが、その取引所には利用資格があるのか疑問になりますし気になる点です。
結論から先に言うと、この取引所を活用するための利用資格などは一切なくて、誰でも利用することができるのです。
ですから、今まで一度もビットコインを入手したことがない初心者であっても、利用資格なしで使うことがOKと言えます。

ただし、実際にビットコインの売買を始めるため取引所に口座を開設するにあたって、個人の身元証明や成人済みといった条件が必要になります。
しかし、借入を利用する時のような厳しい審査があるわけではなくて、最低限の個人情報が申告できて、その内容に間違いがなければ利用を開始できるのです。
ちなみに、取引所を運営する業者はいろいろとあって、複数の取引所を利用することもOKとなっているので、別の取引所を使っていても大丈夫なのです。

では、このように利用資格もなくて比較的気軽に利用することができる取引所はどこにあるのかというと、基本的には仮想の取引所で実店舗などを持たないWebサイトということです。
インターネットバンキングなどをイメージすると理解しやすいと思います。
ですから、ビットコインを売買するためにどこかの店舗へ来店する必要はなくて、インターネットが接続できる環境があれば取引所にアクセスして利用できるのです。

実際に売買をする際には取引所にログインする必要があります。
ただ、インターネットが接続できる環境と言ってもパソコンだけではなくて、最近ではスマホにも対応しているので、スマホからも取引所を利用することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA