ビットコインの取引所とはどんなものでどんな仕組みなのか?

最近、テレビCMやニュースなどでも見かけるビットコインなので、興味を持って始めようと考える方もいることでしょう。
では、実際にビットコインを始めるにあたって購入するとなった時には、どこで購入することができるのか疑問になる方もいます。
ビットコインの売買をする場所としては、主に取引所と販売所というのがあるので、最低限どのような場所なのか、どのような仕組みなのかを知っておく必要があります。

販売所とはビットコインを販売する場所ですが、どこかに店舗があって対面販売するようなものではなくて、仮想通貨ですから実店舗ではなくてインターネット上の話です。
では、販売所でビットコインを売る人は誰かというと、それはその販売所を運営している企業です。
また販売所という名前からビットコインを買うことをイメージしますが、手持ちのビットコインを売って円に換えることもできるのです。
ちなみに、販売所でビットコインを売買する際の価格は、販売所が提示する価格になります。

一方取引所は、ビットコインを買いたい、売りたいという人がそれぞれ注文を出す場所で、価格が一致すると取引が成立するという方式で運営されています。
株式の取引をイメージすると分かりやすくて、取引に参加している顧客間でビットコインを売買することになります。
このように販売所と取引所では違いや特徴がありますが、どちらが良いとか悪いということはありません。
また、ビットコイン取引所内に2つが設置されていることが多いので、それぞれのメリットとデメリットを理解して都合に合わせて利用すると良いです。

では、取引所と販売所のメリットとデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。
ビットコイン取引所のメリットとしては、売り買いの需要と供給が合えば成立するので、価格を指定して注文する指値注文が可能です。
その為、安い購入や高い売却ができる可能性があるのです。
一方デメリットとしては、他者とマッチングしなければ取引が成立しないので、指定の量はおろか少しも売買できないということもあるのです。

ビットコイン販売所のメリットとしては、いつでもすぐに売り買いが指定の量で可能というのがあります。
一方デメリットとしては、販売手数料が取引所よりも割高になる可能性があるという点です。
このようなメリット・デメリットがそれぞれにあるので、一概には言えませんが値段重視は取引所を数量・スピード重視は販売所の利用がおすすめと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA