ビットコイン=電子マネーという考え方は違いがある

ビットコインは仮想の通貨なので現実に紙幣や硬貨は存在しませんが、仮想通貨の中で最もシェアが大きくて、スマートフォンやパソコンなどを使って商品の売買を行うことが可能です。
既に海外では日常的に使用されていて、ビットコインは貨幣としての存在感が増していると考えることができます。
また送金手数料が格安になる、国外の法定通貨に両替することなく使えるなど、様々なメリットがあるので日常生活で利用できる場所は拡大しています。
その為、日本国内でもビットコインを現金と同様に使用できる日も、そう遠くないと考えられて、使う・送る・投資するなどの手段として、より普及していくことが予想されます。

このように現実に紙幣や硬貨が存在しないということで、電子マネーをイメージする方も多いですし、ビットコインを説明する上で電子マネーが登場することが少なくありません。
その為、ビットコインと電子マネーを混同して理解してしまうこともありますが、この2つには違いがあるのです。

電子マネーとは紙幣や硬貨を使わない電子的に決済を実現する手段で、最近主力になりつつある非接触型の決済方法です。
その為、電車に乗る時やコンビニでの支払いに利用されていて、すでに日常生活に浸透しつつあるしくみなので、多くの方が実際に利用していると考えられます。
この電子マネーを使用することで小銭を財布から出す手間もかからず非常に便利です。
先にも触れましたが、ビットコインも電子マネーと同様に紙幣や硬貨が存在しない仮想通貨で、ビットコインも電子マネーのように支払いなどで利用することができます。

しかし、こうした共通点があるからと言って、ビットコインを説明するのに電子マネーであると安易に説明するのは強引です。
一般的に利用されている電子マネーは、基本的にその地域で使用されている通貨を電子的に決済するために使われているもので、日本国内なら円の紙幣や硬貨の代わりとして電子マネーが活躍するのです。
その為、利用者は所有する円を電子マネーの端末に入金したり、電子マネーでの支払いの際に利用される銀行口座にお金を入れて置いたりする必要があるのです。
つまり、実際に紙幣や硬貨を使うことはないけど、実態としては円という通貨をやりとりしているのと変わりないのです。

一方ビットコインは何らかの端末に円をチャージするのではなくて、ビットコインという通貨を円という通貨で購入しているという点で違いがあるのです。
つまり、ビットコイン自体が通貨なので、ビットコイン=電子マネーという考え方は違いがあると言えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA