ビットコインを始める前に用意するものは何?

ビットコインは有名な仮想通貨のひとつで、日本円などの通貨と同じようにショップで使うことができたり、株式投資やFXのように資産運用として売買したりすることができます。
その為、ビットコインをはじめとする仮想通貨が、近年話題になっていて注目を集めていることから、仮想通貨を始めてみようと考える方もいることでしょう。
そこで、ビットコインを始めるに当たって何か用意するものはあるのかが気になる点です。

始めるのなら用意するものとして重要になることは、仮想通貨に関する基礎知識をまずは抑えておくことです。
最低限、ビットコインとは何なのか、どのような種類があるのか、どのような利用方法があるのか、どのようなリスクがあるのかなどは抑えておきたいものです。

何かを始める時には何らかの用意するものがあるという場合は多くて、例えば野球をするのならボール・バット・グローブが必要で、料理をするなら鍋・食材・ガスコンロ・包丁などが必要になります。
同様にビットコインを始めるにあたって用意するものもあるで、基礎知識をある程度習得できたら、次の段階として準備していきましょう。

ビットコインを始める前に用意するものとしては、インターネットに接続できる環境にあるパソコンかスマホです。
それとビットコインを購入するためのお金と、ウォレットと呼ばれるお財布アプリを準備する必要があります。
また、実際に仮想通貨を売買するために取引所や販売所に登録する必要もあって、これらが整えられたらビットコインの取引を始められます。
ちなみに、ビットコインを買える最低資金に関しては取引所で変わってきますが、大体1,000円ほどから購入可能なので、まずは低価格から始めることをおすすめします。

先にウォレットと呼ばれるお財布アプリを準備する必要があると言いましたが、このウォレットとはビットコインを購入したら保管するためのもので、他の人にビットコインを送信する時にも利用できるものです。
このようにビットコインを安全に管理するためには、ウォレットを作ることは大事なポイントになります。
ただウォレットには、ソフトウェアウォレット・ウェブウォレット・モバイルウォレット・ペーパーウォレット・ハードウェアウォレットなど様々な種類に分けられます。
また、オフラインで保管されるものをコールドウォレット、オンラインで保管されるものをホットウォレットと言って、安全性や利便性など様々な面から自分に適したものを選ぶ必要があるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA