ビットコインの始め方として確実に知っておきたいことは?

▼ 目次

始め方としてまず何をすべきなのか?

ビットコインの価格高騰などビットコイン関連のニュースが飛び交うようになっているので、ビットコインを始めたいと考える方も多いことでしょう。
しかし、始め方が分からないという方も少なくないですが、まず確実にやるべきことは知識をつけることです。
ビットコインとは何か、仮想通貨とは何かなどを知っているのと知らないのとでは、今後の始め方が大きく変わってきます。
そして、その基本的な知識がビットコインにどの程度の資産をかけるのか、リスクはどのようなものがあるのか、今後自分は利用していけるのかなど、本当に始めるべきか否かの判断材料になります。

ただ、ビットコインの知識と言っても幅広いので、何から学べば良いのか分からないという方も多いことでしょう。
そこで、最低限ビットコインとは何か、仮想通貨とは何か、どのようなリスクがあるかといった点を知っておくべきです。
これらは、ビットコインの初心者入門と題する様々なサイトで紹介されているので、複数のサイトをまずは読んでおくと良いです。

参考サイト:初心者向けビットコインの始め方

まずは少額からビットコインを始めよう

最低限の知識を学んでビットコインを始めようと考えた方は、まずは少額からビットコインを始めてみることです。
少額からでもスタートできるので、とりあえず自分で決めた価格でビットコインを購入して、実践の中でさらに知識をつけていくのも大切です。

ビットコインの始め方としては、まず取引所のアカウントを作成するというのが最初にやることになります。
ただ、取引所と言っても国内に多くありますし、海外の取引所もあるので取引所はどこが良いのかという疑問が次に発生します。
基本的に初心者の方は海外取引所は避けるべきで、それは国内の取引所の方が情報を入手しやすいからで、しっかりと情報を調べることでリスクを減らすことができるからです。
また取引所には、それぞれメリットやデメリット、様々なサービスの違いがあるので、それらを比較して選ぶためです。

それから、取引所販売所があることも知っておく必要があります。
ビットコイン取引所とは、ビットコインを売買するマッチング会場で、ビットコイン販売所は決められた価格でビットコインを購入することができる場所です。
つまり、取引所は取引する場所、販売所は商品として購入する場所といったイメージなので、初心者の始め方としては販売所の方が安心と言えます。
ただし、取引所と販売所それぞれにメリット・デメリットがあるので、それらをしっかりと確認して選ぶ必要があります。

実際にビットコインを購入しよう

利用する取引所(販売所)を決定したら、いよいよビットコインを購入することになります。
一般的な取引所でビットコインを購入する流れは、アカウント作成・本人確認・クレジットカード決済の場合は不要となりますが日本円入金・ビットコイン購入となります。
ただ、ここで注意したいのがクレジットカードで購入する方法では、クレジットカード利用手数料が取引所側にかかるため、利用者負担として価格に転嫁されてビットコイン価格が高くなります。

また、日本円を取引所に入金する場合の振込み手数料についても利用者負担となります。
しかし、住信SBIネット銀行と提携しているビットコイン取引所なら手数料無料で振り込むことが可能なので、住信SBIネット銀行の口座を作っておくことをおすすめします。
そうすれば余計な出費をすることなくビットコインを購入することができます。

ビットコインを保管することも大事

取引所でビットコインを購入できればれっきとしたビットコインユーザーの仲間入りになりますが、これで終わりではありません。
ビットコインは少額であっても基本的に取引所内に預けっぱなしにしておくことはセキュリティ上推奨されていないのです。
これは、ビットコイン自体のセキュリティは高いと言われていますが、取り扱っている取引所のセキュリティは人間の行うことなのでリスクが伴うからです。
ただ最近は取引所のセキュリティも強化されていますし、補償サービスを提供しているところも多いので、危険とまでは言えませんがやはり大切な資産を安全に確保したいものです。

そこで必要になるのがビットコインウォレットで、大きく分けると保管用と決済用の2種類があるのです。
このビットコインウォレットとは、簡単に表現するとビットコインを保管しておくお財布のようなものというイメージでOKです。
しかし、一般的に現金やカードをしまっておく持ち運びの用途が強い財布と違うのは、先に触れたように保管に適したウォレットと持ち運びに便利なウォレットが存在するということです。
つまり、初心者に必要な知識として使い分けがあるということで、その違いを理解して利用することによりビットコインのリスクを減らして、安全で便利なビットコインの利用がさらに可能になるのです。

このように、ビットコインの実践的な取引もできるようになったら、その他の仮想通貨やサービスにも興味が出てくると考えられるので、他の仮想通貨についても学んでいくことをおすすめします。